旅人の読書ノート
2年にわたる世界旅行中に読んだ本の書評。本にまつわる旅行のエピソードを添えて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
| ホーム |
The Time of the Hero - Mario Vargas Llosa (著)
The Time of the Hero
The Time of the Hero
Mario Vargas Llosa (著)

 南米を周遊している真っ只中、ペルーに来たら、ペルーの作家の作品を読まなくては、というわけで、ロンプラのお勧めの中からピックアップしてみた。この本はペルーのリマにて購入。

 マリオ・ヴァルガス・リョサは、ペルーを代表する現代作家。彼の作品と写真からして、インカ帝国のケチュア族の出身ではなく、バリバリの白人のようです。

 この作品の主人公は、ペルーの軍事学校で訓練を受けている思春期の学生たち。思春期といえども、この学生たちは学校の規則を破りまくり、酒は呑むわタバコは吸うわ、博打も盗みもリンチも何だってする。終いには殺人事件まで起きてしまった。腐敗した軍事学校生活を描きながら、腐敗したペルー社会を強く風刺しているこの作品は、発表当時に大きな波紋を呼んだらしい。あまりにも露骨な社会風刺に怒ったペルー政府が、民衆の面前で数千冊のこの本を焼き払ったという。

 インディアンの生活が色濃く残るアンデス山脈の高地とは対照的に、太平洋に面したペルーの首都リマは、ビルが立ち並ぶ都会。リマの中でも一等地のミラフロレス地区には、高級なデパートやレストランが立ち並んでいる。

 リマでの滞在中、私はがらにもなく、ミラフロレスの真ん中にある公園に面したホテルに宿を取っていた。宿の窓からは、朝から晩まで毎日、華やかな社交生活が垣間見れた。
 
公園の周りに並べられたカフェのテーブルで、10ドルもするブランチを摂っているマダムたちや、血統書付きの犬を散歩させている老人たち。カトリックの教会では、豪華なドレスに身を包んだ上流階級とおぼしきご婦人たちが結婚式に参列していた。教会の駐車場は高級車でいっぱいだった。

 これらの風景はヨーロッパではごく当たり前なのだが、つい前日まで、アンデス高地の極貧なインディアンたちの生活を見てきた私にとっては、同じペルー人なのにあまりにもかけ離れた生活を送っていたので印象に残っている。

 本の中では、実在するストリートの名前から、各地域の人間気質まで、リマの生活風景が事細かく描写されている。私の滞在していたミラフロレスも、本の中に何回も登場していた。本に書かれてあるリマの町並みを、実際に歩いて確認したかったのだが、この本を買ったのがリマで、読み始めたのがコロンビアだったので、ちょっと手遅れだった。

 ある地域について愛着をもって書かれた本を読みながら、実際にその地域を旅行してると、単なる旅行者としての視点から離れてその場所を見ることができ、旅の楽しさが倍増します。

都会と犬ども
マリオ バルガス・リョサ (著)

日本語訳



スポンサーサイト
【2005/08/14 07:53】 トラックバック(4) | コメント(2) |
| ホーム |
星の王子さま - サン=テグジュペリ (著)
愛蔵版 星の王子さま
愛蔵版 星の王子さま
サン=テグジュペリ (著)

 西アフリカといったら、フランスの作家・飛行士のサン・テグジュペリは必読。小さい時に何回か読んだけど、よくわからなかった。今回サハラ砂漠を越える旅に出る前に、この愛憎版を購入して、ゆっくり読み直しました。

 モロッコに行った時は、サン・テグジュペリが、飛行の中継点として利用していた、タルファヤという小さな町を訪れた。記念碑の前で、フランス語版の星の王子さまと一緒に写真を撮った。そのときの写真はこちらから。

 タルファヤにはこれだけの為にいったようなものだった。砂漠の中にある、さびれた港町、タルファヤはとても貧しく、ろくな宿屋もなかった。

 ヒッチハイクして夕方この町についたときは、正直「こんな汚い町に泊まりたくない!」と思ったけど、次の町まで数百キロはあるし、しかたなく一泊した。

 私達が探して見つけた宿屋はたった2つ。ましな方に決めたのだが、それでも、天井が潰れて空に向かって大きな穴の開いている、ゴキブリとハエとダニの充満している、電気も通ってないホテルだった。

 それからヒッチハイクをしながら南下し、サハラ砂漠を越え、無事セネガルまで行けた。砂漠でキャンプをしながらの道のりは、忘れられない体験になった。
 だから旅行は中毒になりやすい。また行きたい!


【2005/07/23 16:23】 トラックバック(3) | コメント(0) |
| ホーム |
Silent spring
Silent Spring
Silent Spring
Rachel Carson (著)

 1960年代に発表された直後から、全米で大きな波紋を呼び、DDTの廃止、各種の環境保護法の制定までに至った、「エンヴァイロメンタリズム」の原点と呼んでもいい、記念すべき本。

 私は、2003年にカリフォルニア州大学環境学修士号過程に入学した。「環境学を専攻する学生なら必ず読むべき本」として最初の授業の課題で与えられたのがこの本である。

 農薬の毒性、拡散性、それらを開発し販売、散布する人達の無知、無関心、モラルの無さが本全体を通して指摘されている。読んだ後には食欲が無くなる内容なので、ダイエットをしている人にはオススメ。
 
 毎年何万もの化学物質が開発され、それらが私達の日常生活に入り込む危険性を、40年も前から訴えているのだから、現状は良くなっているのだろうか?それとも悪い方に突き進んでいるのだろうか?お金にさえなれば人や自然を殺すこともいとわない精神の大企業や政治家に支配されている世の中だから、きっと後者の方だろう。

 この本の出版から40年も経った現在、化学物質乱用の危険は大きくなったのか、緩和されたのか?21世紀の現状をレイチェル・カーソン自身はどう評価しているのか、フォローアップの本を書いて欲しい。

沈黙の春
沈黙の春
レイチェル・カーソン(著)






【2005/07/13 07:54】 トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム |
Veronika Decides to Die - Paulo Coelho (著)
Veronika Decides to Die
Veronika Decides to Die
Paulo Coelho (著)

 ブラジルを代表する現代作家、パウロ・コエーリョの作品。ロンプラのシューストリング南米版でもオススメになっていた。パナマシティのユースホステル、Voyagerで見つけた本。

 裏表紙の文句はこんな感じだった。「24歳のヴェロニカは、若く美しく、ボーイフレンドにも不自由せず、家族からは愛され、充実した仕事にも恵まれていた。しかし、ある冬の朝、彼女は自殺をすることに決めた。睡眠薬自殺を決行したが、持ちこたえてしまい、精神病院で目覚めてしまった彼女は、あと数日の命だと告げられる。」

 前に読んだ、Eleven Minutesに続いて、やっぱりがっかりさせられる、チープな女性向の本だった。。。(別に私は女性を差別しているわけではなく、作者が明らかに、読者対象を女性でかつチープな人間に絞っていることがわかるからこう書いているのです。)

 まず、ヴェロニカの恵まれた生活というものが私にはぜんぜん恵まれているようには見えない。
若く美しい → 若かったら誰だって美しい。
ボーイフレンド → クラブで出会った男ばかりで、さっさと用事を済ませた後は話すこともない男がたくさんいることは、惨めなことで、幸せなことではない。
家族 → 人生経験の少なさから、平凡な価値観を押し付ける親をもつことは、特に秀でて幸せな環境でもない。
充実した仕事 → 充実しているようには見えない。
 彼女には親友と呼べる友達もいないようだ。
 こんな人生、ぜんぜん幸せとは呼べないじゃん?

 しかし彼女は、現在が人生で得られる幸せの最高地点だと納得している。あとは下降するだけだから自殺しようってことだ。

 私から見たら、とても惨めに見える彼女の人生だが、彼女も、きっとこの本の読者の多くも、「こういう人生が幸せな人生」と感じてしまうらしい。「そんなんじゃだめだ!人生もっと楽しいことあるぞ!」といいたくなる。

 そして何よりも私が不自然に感じたのは、残りわずかな余命を告げられた彼女のことを、周りの人は、「彼女、死ぬんだわ」と扱うことだった。私は「でも、あなた達も、誰でも生きてる人は死ぬんですよ!」といいたくなる。しかし登場人物の全員が、あたかも自分は死なない人のような考え方をするのには、抵抗があった。

 死と真正面から向き合うことの無いキリスト教文化圏の人たちには新鮮な内容かもしれないが、仏教国出身の私には、不抜けた内容だった。

ベロニカは死ぬことにした
ベロニカは死ぬことにした
パウロ・コエーリョ (著)

日本語版

 日本語訳は、訳が不自然とあまり評判がよろしくないようですが、英語訳の方は、不自然さは感じさせず、読み易かったです。224ページとかなり薄いので、さらりと読めます。英語で本を読むのは。。。と躊躇しているひとでも、この本の英語版なら気軽にトライできると思います。

【2005/07/13 07:54】 トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
ライ麦畑でつかまえて - J.D.サリンジャー (著)
Catcher in the Rye
Catcher in the Rye
J.D. Salinger (著)

 昔観た、陰謀のセオリー(Conspiracy Theory)という映画の中で、主役のメル・ギブソンが、この本の異常なファンで、逃亡しながらも本屋を見つけるたびにクレジットカードでこの本を買うので足がついてしまっていた。どんな本なんだろう、と興味を持ったのを思い出したので、アフリカ行きのお供の本として購入した。

 なんでこんなところでアメリカ文学を読んでいるのだろう?と思いながら、モロッコの砂漠地帯で一気に読んだ。その頃の写真

 また、この本はアメリカ現代文学の定番なので、アメリカ人の行動原理を理解するには、アメリカ人の読んでいるものを読む必要がありそうだ、という考えもあって、この本を選んだ。

 思春期の主人公が、いかにもアドレッセント(adolescent、思春期)な思考と行動で、退学処分を受けた全寮制高校からニューヨークの家まで放浪して帰り着く、というあらすじ。

 この本は50年も前に書かれた本だが、高校生の語り口調の英語の表現は、親しみが持てて読みやすい。

ライ麦畑でつかまえて
ライ麦畑でつかまえて
J.D.サリンジャー (著)

日本語版




【2005/07/13 07:52】 トラックバック(1) | コメント(0) |
| ホーム |
CATEGORY
  • 中南米で読んだ本 (7)
  • 西アフリカで読んだ本 (3)
  • アメリカ合衆国で読んだ本 (4)
  • 東南アジアで読んだ本 (2)
  • インド亜大陸で読んだ本 (2)
  • 中東で読んだ本 (2)
  • ヨーロッパで読んだ本 (2)
  • これから読みたい本 (1)
  • 未分類 (10)
  • LINKS
  • 塩野道可のホームページ
  • 旅行準備術 長年の旅行に基づいた旅行の準備術
  • あなたのために旅します! 2年間続いた旅の写真集
  • 肉食再考委員会 お肉抜きの食事は環境貢献度「大」です。
  • 海外B級コスメ - 体を張っての体験レポート
  • PROFILE
    塩野道可
  • Author:塩野道可
  • 2003年から2年以上旅を続けています。現在、カリフォルニア州サンマテオで休憩中。旅行記はitravelforyou.comで公開中。世界中の写真がいっぱいあります。
  • RSS1.0
  • RECENT ENTRIES
  • The Time of the Hero - Mario Vargas Llosa (著)(08/14)
  • 星の王子さま - サン=テグジュペリ (著)(07/23)
  • Silent spring(07/13)
  • Veronika Decides to Die - Paulo Coelho (著)(07/13)
  • ライ麦畑でつかまえて - J.D.サリンジャー (著)(07/13)
  • RECENT COMMENTS
  • reigyou(10/31)
  • ユウ(07/28)
  • mine(07/10)
  • みちか(06/26)
  • 嵐よういち(06/25)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ほんにきく:キャッチャーインザライ・村上春樹訳、ライ麦畑でつかまえて、赤頭巾ちゃん気をつけて(12/02)
  • 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌:異邦人と文化催眠 全ては太陽のもと何度も繰り返されてきた 2003.6.X 初出(10/31)
  • 私的 美容日記:オススメのコスメって(09/27)
  • 私的 美容日記:オススメのコスメって(09/27)
  • 仮想本棚&電脳日記:異邦人/アルベール・カミュ(09/19)
  • SEARCH
    旅行に、読書に、
    電子辞書は必須アイテム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。