旅人の読書ノート
2年にわたる世界旅行中に読んだ本の書評。本にまつわる旅行のエピソードを添えて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
| ホーム |
星の王子さま - サン=テグジュペリ (著)
愛蔵版 星の王子さま
愛蔵版 星の王子さま
サン=テグジュペリ (著)

 西アフリカといったら、フランスの作家・飛行士のサン・テグジュペリは必読。小さい時に何回か読んだけど、よくわからなかった。今回サハラ砂漠を越える旅に出る前に、この愛憎版を購入して、ゆっくり読み直しました。

 モロッコに行った時は、サン・テグジュペリが、飛行の中継点として利用していた、タルファヤという小さな町を訪れた。記念碑の前で、フランス語版の星の王子さまと一緒に写真を撮った。そのときの写真はこちらから。

 タルファヤにはこれだけの為にいったようなものだった。砂漠の中にある、さびれた港町、タルファヤはとても貧しく、ろくな宿屋もなかった。

 ヒッチハイクして夕方この町についたときは、正直「こんな汚い町に泊まりたくない!」と思ったけど、次の町まで数百キロはあるし、しかたなく一泊した。

 私達が探して見つけた宿屋はたった2つ。ましな方に決めたのだが、それでも、天井が潰れて空に向かって大きな穴の開いている、ゴキブリとハエとダニの充満している、電気も通ってないホテルだった。

 それからヒッチハイクをしながら南下し、サハラ砂漠を越え、無事セネガルまで行けた。砂漠でキャンプをしながらの道のりは、忘れられない体験になった。
 だから旅行は中毒になりやすい。また行きたい!


スポンサーサイト
【2005/07/23 16:23】 トラックバック(3) | コメント(0) |
| ホーム |
ライ麦畑でつかまえて - J.D.サリンジャー (著)
Catcher in the Rye
Catcher in the Rye
J.D. Salinger (著)

 昔観た、陰謀のセオリー(Conspiracy Theory)という映画の中で、主役のメル・ギブソンが、この本の異常なファンで、逃亡しながらも本屋を見つけるたびにクレジットカードでこの本を買うので足がついてしまっていた。どんな本なんだろう、と興味を持ったのを思い出したので、アフリカ行きのお供の本として購入した。

 なんでこんなところでアメリカ文学を読んでいるのだろう?と思いながら、モロッコの砂漠地帯で一気に読んだ。その頃の写真

 また、この本はアメリカ現代文学の定番なので、アメリカ人の行動原理を理解するには、アメリカ人の読んでいるものを読む必要がありそうだ、という考えもあって、この本を選んだ。

 思春期の主人公が、いかにもアドレッセント(adolescent、思春期)な思考と行動で、退学処分を受けた全寮制高校からニューヨークの家まで放浪して帰り着く、というあらすじ。

 この本は50年も前に書かれた本だが、高校生の語り口調の英語の表現は、親しみが持てて読みやすい。

ライ麦畑でつかまえて
ライ麦畑でつかまえて
J.D.サリンジャー (著)

日本語版




【2005/07/13 07:52】 トラックバック(1) | コメント(0) |
| ホーム |
AMERIKA フランツ・カフカ(著)
Amerika
AMERICA
Franz Kafka (著)

チェコの作家、フランツ・カフカの未完の作品。

未完といっても、長編の長さはある。
しかし、最後で話が、ブッツリと切れている。
推理小説とかじゃないから、切れた話の後がわからなくてイライラさせられることはない。
読み手が勝手に主人公の前途を、いいように、悪いように、いろいろと想像できる。

未完成なのは、話が途切れているだけではなく、
残されている話の内容も、荒削りで未完成なものになっている。
たとえば、主人公の年齢が話の前後で違ったり、
今まで登場したことのない人物とすでに仲良くなっていたり。

こんな未完成な作品だけど、カフカ独特のあの、深刻な口調で語られているけど、どこかもぞ痒く変なコミカルさ、が強烈に臭ってきて、充分に楽しめます。

アメリカ
フランツ・カフカ(著)

日本語版


サハラ砂漠を縦断している途中、東ドイツ人一行のラリーの車に乗せてもらって、一週間砂漠でキャンプ生活をしました。
砂漠の炎天下で、後からくる仲間の車を待っていたとき、車に問題があって進めなかったとき、悪徳国境審査で待たされていたときなどに、この本を読んでいました。

【2005/07/13 07:51】 トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
CATEGORY
  • 中南米で読んだ本 (7)
  • 西アフリカで読んだ本 (3)
  • アメリカ合衆国で読んだ本 (4)
  • 東南アジアで読んだ本 (2)
  • インド亜大陸で読んだ本 (2)
  • 中東で読んだ本 (2)
  • ヨーロッパで読んだ本 (2)
  • これから読みたい本 (1)
  • 未分類 (10)
  • LINKS
  • 塩野道可のホームページ
  • 旅行準備術 長年の旅行に基づいた旅行の準備術
  • あなたのために旅します! 2年間続いた旅の写真集
  • 肉食再考委員会 お肉抜きの食事は環境貢献度「大」です。
  • 海外B級コスメ - 体を張っての体験レポート
  • PROFILE
    塩野道可
  • Author:塩野道可
  • 2003年から2年以上旅を続けています。現在、カリフォルニア州サンマテオで休憩中。旅行記はitravelforyou.comで公開中。世界中の写真がいっぱいあります。
  • RSS1.0
  • RECENT ENTRIES
  • The Time of the Hero - Mario Vargas Llosa (著)(08/14)
  • 星の王子さま - サン=テグジュペリ (著)(07/23)
  • Silent spring(07/13)
  • Veronika Decides to Die - Paulo Coelho (著)(07/13)
  • ライ麦畑でつかまえて - J.D.サリンジャー (著)(07/13)
  • RECENT COMMENTS
  • reigyou(10/31)
  • ユウ(07/28)
  • mine(07/10)
  • みちか(06/26)
  • 嵐よういち(06/25)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ほんにきく:キャッチャーインザライ・村上春樹訳、ライ麦畑でつかまえて、赤頭巾ちゃん気をつけて(12/02)
  • 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌:異邦人と文化催眠 全ては太陽のもと何度も繰り返されてきた 2003.6.X 初出(10/31)
  • 私的 美容日記:オススメのコスメって(09/27)
  • 私的 美容日記:オススメのコスメって(09/27)
  • 仮想本棚&電脳日記:異邦人/アルベール・カミュ(09/19)
  • SEARCH
    旅行に、読書に、
    電子辞書は必須アイテム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。